折り加工、特殊折り加工、冊子印刷、パンフレット印刷、カタログ印刷、豊富な種類の折り加工が得意な印刷通販プリナビ

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの場合

商品のご注文

オプション一覧

プライバシーマーク

営業カレンダー

2019年11月営業日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月営業日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

は休日のため、発送作業・メール・電話の対応が出来ませんので ご了承ください。

SSL Certificate

※弊社では、アダルト関係の印刷データを入稿された場合、ご注文後でもお断りさせて頂きますので予めご了承ください。

相互リンク

HOME >> テクニカルガイド >> 用紙サイズについて

用紙サイズについて

ここでは、用紙サイズについて説明いたします。
用紙のサイズは一定の法則にもとづいて決められており、各用紙のタテ、ヨコの比率はすべて同じになっています。下の図で一番大きなサイズがA1、もしくはB1を示しています。
その長辺を半分にしたものがA2(もしくはB2)になります。さらにその半分がA3(もしくはB3)になります。
つまり、A1サイズの紙を半分に切るとA2サイズの紙が2枚になり、さらに半分に切るとA3サイズの紙が4枚できることになります。仕上がり寸法の例として、電車中吊ポスターがB3、新聞折込チラシがB4、週刊誌がB5、大型ビジュアル雑誌などはA4、学術書や教科書はA5、文庫本やハンドブックはA6サイズにする事が多いようです。菊判や四六判など規格外の印刷物は単行本などで多くみられます。

A1〜A6サイズ画像
規格 (A版) 寸法
A1 594mm×841mm
A2 420mm×594mm
A3 297mm×420mm
A4 210mm×297mm
A5 148mm×210mm
A6 105mm×148mm
B1〜B6サイズ画像
規格 (B版) 寸法
B1 728mm×1028mm
B2 515mm×728mm
B3 364mm×514mm
B4 257mm×364mm
B5 182mm×257mm
B6 128mm×182mm