折り加工、特殊折り加工、冊子印刷、パンフレット印刷、カタログ印刷、豊富な種類の折り加工が得意な印刷通販プリナビ

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの場合

商品のご注文

オプション一覧

プライバシーマーク

営業カレンダー

2019年07月営業日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年08月営業日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

は休日のため、発送作業・メール・電話の対応が出来ませんので ご了承ください。

SSL Certificate

※弊社では、アダルト関係の印刷データを入稿された場合、ご注文後でもお断りさせて頂きますので予めご了承ください。

相互リンク

HOME >> ご利用ガイド >> データチェックについて

データチェックについて

はじめに

ご入稿いただくデータは完全データとして入稿いただきますようお願いいたします。
完全データとは、データに修正の必要がない完成された印刷可能な制作データのことを意味します。
ご入稿いただきましたデータは、印刷が可能かどうか弊社にてチェック致します。
入稿データの不備により印刷物が使用できない、そういったトラブルを事前に防ぐため弊社では、入稿データは全てチェック後に印刷へ取りかかります。チェックするポイントと致しましては、当社必須チェック項目に沿った内容となります。なお、誤字・脱字やデザインミスなどデザイン面の内容はデータチェックの対象となりません。

注)入稿データの不備によるトラブルは、制作される方の自己責任を原則とさせていただいております。データチェックにて問題点が発見された場合には、原則的にお客様に修正をしていただき、再入稿していただく流れとなります。

データ再入稿となりますと、納期が遅れてしまうことになります。ご入稿の前には必ずお客様にてデータをご確認の上、ご入稿いただきますようお願い申し上げます。

以下の場合はやむを得ず納期が遅れます。ご了承くださいませ。

  • データに不備が見つかり、お客様に再度ご入稿いただく必要が生じた場合(文字のアウトライン漏れ・リンク配置されている場合のリンク画像の添付漏れ。トンボが作成されておらず仕上げ範囲がわからない等)
  • ご注文サイズとデータサイズに差がある場合
  • 折り加工の指示等、お客様に確認させていただかなければ進行できない場合
  • Office系データで見本未着の場合
  • その他、お客様に確認させていただく必要が生じ、やむを得ず業務がストップした場合

完全データの作成方法

プリナビでは、完全データの作成方法をテクニカルガイドにまとめております。テクニカルガイドをご参考いただき、ご入稿いただくデータを印刷可能な完全データとして作成いただきますようお願いいたします。
完全データの作成方法(テクニカルガイド)はこちらをご覧下さい。

入稿データの最終確認:必須チェック項目

データ入稿を頂く前に、事前にデータをご確認ください。
下記のチェック項目に1点でも該当いたしますと、データチェック完了とならず、再入稿していただく必要があります。入稿データの不備は納期遅延につながりますので、下記必須チェック項目をご参照の上、データのご確認をお願い致します。
その他、データの内容などについて、こちらよりご連絡させて頂くことがございます。尚、ご連絡がつかない場合には、印刷不可能な場合でない限り、やむを得ずデータ通りにて印刷処理を開始させていただくことがございます。

必須チェック項目

  1. データは正常に開きますか?
  2. 印刷物に必要なデータは揃っていますか?
  3. 注文サイズ、裏表面、加工オプション等の指示は適切ですか?
  4. 1色刷り面はグレースケールで作成されていますか?
  5. Illustratorデータはトンボマークが付いており、フォントのアウトライン化はされていますか?
  6. Photoshopデータはレイヤー統合がされていて、カラー設定はCMYK、形式はEPSで保存されていますか?

よくあるトラブル

お客様が直面されるトラブルのうち、最も多いトラブルとして「1色刷り面がグレースケールで作成されていない」があげられます。1箇所1箇所を選択する方法では見落としがちになりますが、全てを選択して処理することで一括変換することができます。

また、「フォントがアウトライン作成されていない」も件数の多いトラブルです。こちらにつきましても、全てを選択して処理することで一括してアウトライン化することができます。

その他「画像のリンク切れや必要なドキュメントが揃っていない」というケースもよくあります。リンク切れが起こりうる原因として、例えばMacで作成したデータをWindowsで入稿するなどOSの違いによるものと、入稿データと画像データが同一ファイルに保存されていない場合がありますので、ご注意下さい。

「ご注文のサイズ通りに入稿データが作成されていない」ということにつきましては、データをご注文サイズ通りに作成された場合でも、Web用に保存されますとスクリーン解像度が72dpiとなるため、実際にご注文のサイズより大きくなってしまう、という場合が考えられます。

よくあるトラブル

  • 1色刷り面がグレースケールで作成されていない
  • フォントがアウトライン作成されていない
  • リンク画像や必要なドキュメントが揃っていない
  • ご注文のサイズで作成されていない
  • データの破損
  • 指示ミス